キャンバス生地にシルクスクリーン印刷でオリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグ制作

キャンバス生地にシルクスクリーン印刷でオリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグ制作

写真のタグは8号帆布より薄手で加工しやすい11号帆布のキャンバス地(薄手・素材 綿100%)にダークブラウンのインクを使いインクジェットプリントで作ったものです。
写真のタグでは生成りの生地を使っています。特徴としてはキャンバスの生地は固いのですが薄手なので柔らかく、加工にも適しています。

キャンバス生地を使っているため既製品感が無くあたたかい感じの仕上がりになります。
味があるハンドメイド作品に向いていると思います。

オリジナル商品をつくるなら凝れるところはあなたもトコトンこだわってみませんか?

※現在、この印刷方法でのネームタグ制作は承っておりません。

キャンバス生地にシルクスクリーン印刷でオリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグ制作
キャンバス生地にシルクスクリーン印刷でオリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグ制作

本格的な刺繍タグもおすすめです!

刺繍(織ネーム)オリジナルタグを作る

アパレルのオリジナルブランドを立ち上げる時など、やっぱりオリジナルのネームタグやピスネーム、ワッペンなどでこだわりたいですよね。オリジナルでタグを製作すれば、ブランドのグレードがぐっと上がります。ぜひともご利用下さい。
しかも、1枚当たりの15円くらいで作成できます!

詳細
本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

ナチュラルなやわらかさ綿・コットンの素材感を活かしたネームタグ

本格的な綿・コットンの素材感を活かしたネームタグやプリントタグの作成を請け負っています。
最低ロット数が1000枚からと数量が多いですが1枚当たりの単価がかなり安くなっております。
しかも、折り加工も入っています。※納期…約1ヶ月で発送。

オリジナル商品をつくるなら凝れるところはあなたもトコトンこだわってみませんか?

詳細
綿・コットンの素材感を活かしたネームタグ

 

ナチュラルなやわらかさ綿・コットンの素材感を活かしたネームタグ

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で自作

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で自作すると経済的です。
写真のものはシルクスクリーン版になります。

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で


オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で

オリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグはシルクスクリーン印刷で

本格的な刺繍タグもおすすめです!

刺繍(織ネーム)オリジナルタグを作る

アパレルのオリジナルブランドを立ち上げる時など、やっぱりオリジナルのネームタグやピスネーム、ワッペンなどでこだわりたいですよね。オリジナルでタグを製作すれば、ブランドのグレードがぐっと上がります。ぜひともご利用下さい。
しかも、1枚当たりの15円くらいで作成できます!

詳細
本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

ハンドメイド作品にぴったりなオリジナルタグ作り

写真のタグはヴィンテージ加工したキャンバス地にシルクスクリーンで印刷して作ったものです。
シルクスクリーン印刷の利点はタグの生地の素材も凝ることができるんです。
洋服や雑貨・バック、お店で使うエプロンに着けるのもいいかもですね。
商品タグをシルクスクリーン印刷で作るのは効率も悪く価格も高くなってしまうのですが、刺繍タグなどの既製品にはない感じがとてもいいです。

オリジナルタグにはお店のロゴやブランドのロゴなどが入るのでこだわったオリジナルタグを作りませんか?

※現在、この印刷方法でのネームタグ制作は承っておりません。

ハンドメイド作品にぴったりなオリジナルタグ作り

本格的な刺繍タグもおすすめです!

刺繍(織ネーム)オリジナルタグを作る

アパレルのオリジナルブランドを立ち上げる時など、やっぱりオリジナルのネームタグやピスネーム、ワッペンなどでこだわりたいですよね。オリジナルでタグを製作すれば、ブランドのグレードがぐっと上がります。ぜひともご利用下さい。
しかも、1枚当たりの15円くらいで作成できます!

詳細
本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

キャンバス生地でオリジナルタグ・ネームタグ・ブランドタグ制作

生地からこだわったオリジナルタグ・ネームタグ制作

写真のタグはヴィンテージ風にバイオウォッシュ加工した8号のキャンバス地(少し厚手・素材 綿100%)にシルクスクリーンで印刷して作ったものです。
この生地は全83色もありデザインの幅が広がりますよね。写真のタグではのキナリを使っています。特徴としてはキャンバスの生地は固いのですがウォッシュ加工しているので柔らかく、加工にも適しています。

商品タグをシルクスクリーン印刷で作るのは効率も悪く価格も高くなってしまうのですが、刺繍タグなどの既製品にはない感じがとてもいいです。

オリジナル商品をつくるなら凝れるところはあなたもトコトンこだわってみませんか?

※現在、この印刷方法でのネームタグ制作は承っておりません。

生地からこだわったオリジナルタグ・ネームタグ制作

本格的な刺繍タグもおすすめです!

刺繍(織ネーム)オリジナルタグを作る

アパレルのオリジナルブランドを立ち上げる時など、やっぱりオリジナルのネームタグやピスネーム、ワッペンなどでこだわりたいですよね。オリジナルでタグを製作すれば、ブランドのグレードがぐっと上がります。ぜひともご利用下さい。
しかも、1枚当たりの15円くらいで作成できます!

詳細
本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

ギャングバンダナマリリンモンローのシルクスクリーン製版

ギャングバンダナマリリンモンローのシルクスクリーン製版

ギャングバンダナマリリンモンローのシルクスクリーン製版
こちらがシルクスクリーンを製版したものです。

後ろの景色が見えるところは膜がはがれています。
インクを乗せて刷ると膜がはがれている部分だけ色がつきます。

この版があればTシャツ・パーカー・トートバック・エプロンなど様々なものに印刷出来ます!

もちろんシルクスクリーンの版を作ってしまえば自分オリジナルのTシャツ・パーカーを受注販売することもできます。在庫を持たなくてもショップを持つことができますよ!

ギャングバンダナマリリンモンローのシルクスクリーン製版

朝からシルクスクリーンの製版作業!

朝からシルクスクリーンの製版作業!

本日もご注文頂いたシルクスクリーンの製版作業をしております。
まずは紗の張り作業から!
必要物は枠、紗、接着剤、刷毛、アイロン、ヒッパラー。
ヒッパラーは紗をピンと張る際には欠かせないアイテムなんです。あと、あれば便利なのが枠固定に使うクランプですかね!
今日も朝から作業がんばります!!

ポジフィルムを使ってシルクスクリーン版の型抜き

ポジフィルムを使ってシルクスクリーン版の型抜き

シルクスクリーン版を型抜きをする際に露光という作業をします。

黒い部分は光が当たらずそれ以外は光があたって膜が固くなっていきます。

黒い部分とそれ以外の差が大きければ大きいほど型抜きがきれいに出来るんです。

なので当店では型抜きをする際はポジフィルムを使っています。

 

シルクスクリーン版のメッシュ数について

シルクスクリーン版のメッシュ数について

スクリーン=紗にはメッシュ【番手】が存在します。

何を基準に選べばいいのかというと使うインクの種類によってかわってきます。

大まかに言うと普通のインクの場合は100メッシュから120メッシュを使っていれば大丈夫です。

金や銀のインクを使う場合は80メッシュくらいをおススメします。

100メッシュから120メッシュでするとシルクスクリーンの目が詰まってしまいます。

 

シルクスクリーン印刷でオリジナルタグを自作

シルクスクリーン印刷でオリジナルタグを自作!

オリジナルタグを業者に頼むとロット数もお金もかかるので自分で作れるとかなり経済的なんです。

この方法だともうひとつの利点はタグの生地の素材も凝ることができるんです。

写真のタグはヴィンテージ加工したキャンバス地にシルクスクリーンで印刷して作ったものです。

オリジナル商品をつくるなら凝れるところはあなたもトコトンこだわってみませんか?

本格的な刺繍のブランドタグを作るのもいいかもしれませんよ。

刺繍(織ネーム)オリジナルタグを作る

アパレルのオリジナルブランドを立ち上げる時など、やっぱりオリジナルのネームタグやピスネーム、ワッペンなどでこだわりたいですよね。オリジナルでタグを製作すれば、ブランドのグレードがぐっと上がります。ぜひともご利用下さい。
しかも、1枚当たりの15円くらいで作成できます!

詳細
本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

 

本格的なオリジナル刺繍タグ(織ネーム)

シルクスクリーンの紗張り

シルクスクリーンの紗張り

今日はシルクスクリーンの紗張りをやっています。

張っているのは100メッシュの紗です。

これひとつあればオリジナルのTシャツやエプロン・お店のユニフォームなんかが作れちゃうので手が抜けない作業なんです。

これが結構手間な作業で

枠に糊をつけて乾かしてまた糊をつけて

乾いたら水を吹きかけてアイロンでつけていくんです。

でもきれいに出来たときの達成感はいいもんですよね!