意外と見落としている重要な価格設定

意外と見落としている重要な価格設定

商品価格は一般的にどのように決定されるのでしょうか?

世の中の商品やサービスには、値段が設定されています。

でも、その商品価格はどのようにして決められたのでしょうか?

おそらく何かしらの意図や条件があり、最終決定をして販売価格を決定されたはずです。しかし、世の中には「何となくノリで決めた」と言う販売価格設定があるのも事実です。

商品価格を決める方法は大きく分けると3つの方法に分かれます。

①コスト基準 ・・・ コスト(商品原価や経費)から価格を設定する
②競合基準 ・・・ 競合を基準(相場)で価格を決定する
③顧客基準 ・・・ 顧客を主に価格を決定する

今回の記事はこの3つの方法をオリジナルブランドでの販売価格設定と照らし合わせて、どれが最適なのかを考えて書いてみました。

続きは購入して記事を読んでみてください。

※文字数:約2500文字

購入後は、有料ページに直接ジャンプします。
購入してくださった方は、必ず有料ページをブックマークしてください。
ブックマークせずウィンドウを閉じてしまった方は、お問い合わせください。

Posted in ブランドの立ち上げ方法, 有料記事.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA